オーナーの賃貸経営をサポートするApaman Property株式会社

オーナーの賃貸経営をサポートするApaman Property株式会社

アパマンと聞くと、賃貸斡旋事業をイメージする人も多いと思います。実際に、日本全国ありとあらゆるところにアパマンショップが存在し、実際に賃貸斡旋で利用したことがある人もいらっしゃると思います。

大村浩次が代表を務めているAPAMAN株式会社は、さまざまなグループ企業があります。その中には、借りる側だけではなく、貸す側をサポートしている企業もあります。それが、Apaman Property株式会社です。

<会社の概要は?>

Apaman Property株式会社は、2005年9月1日に設立された企業です。本社は東京都の千代田区にあり、代表は大山芳弘です。APAMAN株式会社の代表である大村浩次は、同社の取締役も兼ねています。

株主は100%がAPAMAN株式会社のため、完全な子会社という存在です。事業内容としては、プロパティ・マネジメント事業で、オーナーの不動産を運用するために、専門的な知識を身に付けたスタッフが対応しているとのことです。

<オーナーの賃貸経営をサポート>

Apaman Property株式会社では、主にオーナーに対して賃貸経営をサポートしているようです。物件を所持しているオーナーも、一から人を募集したり、家賃の管理や入居者の対応をしたりするのは大変でしょう。同社が募集業務から退去の手続きまで、全て代行することによって、より円滑に賃貸経営をすることが可能になっているようです。

特に重要なのが、募集といわれています。魅力的な物件を持っていても、それを広くアピールしなければ入居者は現れないでしょう。インターネットや雑誌などの媒体を使って募集をし、入居者を選定することが重要だそうです。安定した家賃収入を得るためにも、ノウハウがある企業が募集を代理で行うことはとても大切なことだといえるでしょう。

<社宅の斡旋も行う>

会社にとって、社宅を用意することは大変です。転勤の多い会社では、従業員が住居を見つけるのが大変なので、社宅を完備しているところもありますが、自社で管理するのではなく専門業者に委託することも珍しくありません。

Apaman Property株式会社では、社宅の斡旋事業も行っていて、さまざまな企業のサポートをしているようです。アパマンは代表の大村浩次が全国にFC展開したことにより、幅広いネットワークをもっています。そのネットワークを使い、社宅規定に適合した満足度の高い物件を紹介することができるそうです。そして、賃貸斡旋事業で培われたノウハウを元に、契約の手続きや家賃の管理、入居者の対応などを行っているようです。

一般的な賃貸斡旋事業ではなく、オーナーに向けた賃貸経営サポートに特化したのが、Apaman Property株式会社です。安定的なキャッシュフローを確保するために、プロパティ・マネジメント業務を推進しているとのことです。