wepark株式会社はどんな会社?

wepark株式会社はどんな会社?

空いている土地を有効活用することも、エコ活動の一つでしょう。大村浩次が代表のAPAMAN株式会社も、シェアビジネスやコワーキングなど、持っている資産を有効活用しようというビジネスを進めているようで、社会へ貢献しているようです。グループ会社の一つである、wepark株式会社もその一つです。どんな事業内容なのでしょうか。

<土地を有効活用するお手伝い>

外を出歩いてみると、空き地を目にすることも珍しくないと思います。都心の東京ですら、ちらほら空いている土地があり、何となくもったいないと感じることもあるでしょう。国有地である可能性はありますが、中には土地所有者がいるものの、ただ所有しているだけの状態であることもあります。せっかくの土地なのですから、何かに有効活用し、オーナー、そして誰かに役立つ使い方をした方が良いのではないでしょうか。

wepark株式会社では、空いている土地を所有しているオーナーに対して、駐車場の提案をしているようです。街中ではとにかく駐車場が足りず、違法駐車なども目にします。違法駐車が広がると、事故につながったり、歩行者にも迷惑ではないでしょうか。パーキング開発は、オーナーと利用者に対してwin-winの提案で、何より社会貢献につながります。代表の大村浩次も、事業を通じての社会貢献の大切さを常に考えているようです。土地を有効活用することで、さまざまな問題解決へとつながるのではないでしょうか。

<駐車場を検索>

戸建てや駐車場付きの物件であれば困りませんが、駐車場がない賃貸物件も数多く存在します。そんな人たちが困るのが、月極駐車場を探すことではないでしょうか。wepark株式会社では、サイト上で月極駐車場を探すことが可能なようです。エリアごとに検索できて、屋内、ハイルーフといった条件を付けての検索も可能だそうです。さきほど、空き地を駐車場にする事業を紹介しましたが、さらにそれを利用者に展開し、駐車場を使ってもらうためのシステムも作っているようです。オーナーにとっても、月極駐車場の契約をしてくれる人がいるのは、とても安心できることではないでしょうか。

<アパマングループの強みを生かす>

アパマングループでは、賃貸斡旋契約だけではなく、こうした空き地の利用やインターネットを通じた利用者と資産をつなげるシステムを次々と開発しているようです。代表の大村浩次は、自社のシステム開発と不動産事業をつなげ、また新たなビジネスを展開していくことを大切にしているようです。wepark株式会社はその象徴とも言えるかもしれません。

wepark株式会社は、空き地を有効活用して駐車場にし、オーナーと利用者、そして社会に貢献しています。駐車場を増やすことは、オーナーは安定した収益を得ることができ、利用者は駐車する場所に困らず、そして違法駐車がなくなり、社会への貢献にもつながるのではないでしょうか。