カテゴリー: 未分類

新しいサービスを提供しているfabbit株式会社

時代の変化と共に、お客が求めるニーズも変わっていきます。そんな社会の変化に合わせて誕生したのが、fabbit株式会社です。APAMAN株式会社のグループ企業の中の一つであり、創業してまだ間もない企業です。どんな事業を行っているのか、見ていきましょう。

<ビジネスマッチングを推進する施設>

fabbitは何をしているのか、大まかに説明すると、ビジネスマッチングを推進する施設の運営です。一般的に企業というと、自分たちのオフィスを持ち、そこで働きます。会社内での従業員同士の交流はあっても、外部の人との交流は、お互いに会社を訪ねるなどをしなければなりませんでした。

fabbitが行っているのは、その中間的な施設の運営です。国内に23カ所、国外に22カ所の施設があり、会議室や作業するスペースとしてオフィスの貸し出しを行っています。そこは企業と企業をビジネスマッチングさせるための場所として提供されています。交通の利便性や、利用しやすい環境を整え、新たな価値の創造の手伝いをしています。こうしたサービスはコワーキングと呼ばれており、APAMANの代表大村浩次も、コワーキングビジネスを推進していくと表明しているようです。

<数多くの会員とサポート企業に支えられている>

fabbitは、会員数約6,600人、そしてサポート企業が約1,200社あり、それらの人々に支えられて活動しているようです。まだ創業して数年の企業でありながら、すでにこれほどの規模の人たちが関わっており、今後も会員数はまだまだ伸びていくでしょう。

会社の代表は田中保成であり、アドバイザリーボードに3名、そして数名のスタッフとアンバサダーで構成されているようです。アンバサダーの中には、グループ会社の株式会社システムソフトの代表取締役も含まれているとのことです。APAMAN株式会社の代表大村浩次は、直接的にはメンバーには入っていません。

<次々とコワーキングスペースがオープン>

コワーキングは、日本の中でも徐々に浸透しつつあり、fabbitも次々にコワーキングスペースをオープンさせています。2017年12月には、fabbit八王子がオープンし、ここではワーキングスペースやwifi環境などが整っているとのことです。更に、工作室があるので、3Dプリンターや3D-CADなど最新の工作機械を利用することが可能なようです。

2019年7月には、fabbit神戸三宮が、2019年8月にはfabbit Hawaiiがオープンしています。

働き方が変わりつつある日本の中で、コワーキングという新しい働き方を提供しているのが、fabbitです。次々とコワーキングスペースをオープンしていることや、大村浩次のメッセージからも分かるように、グループ企業の中でも力を入れている事業と言えるでしょう。

▽管理人推奨サイト顧問紹介 |APAMANグループ 代表取締役社長 大村浩次 - 一般社団法人 日本スタートアップ支援協会

オーナーの賃貸経営をサポートするApaman Property株式会社

アパマンと聞くと、賃貸斡旋事業をイメージする人も多いと思います。実際に、日本全国ありとあらゆるところにアパマンショップが存在し、実際に賃貸斡旋で利用したことがある人もいらっしゃると思います。

大村浩次が代表を務めているAPAMAN株式会社は、さまざまなグループ企業があります。その中には、借りる側だけではなく、貸す側をサポートしている企業もあります。それが、Apaman Property株式会社です。

<会社の概要は?>

Apaman Property株式会社は、2005年9月1日に設立された企業です。本社は東京都の千代田区にあり、代表は大山芳弘です。APAMAN株式会社の代表である大村浩次は、同社の取締役も兼ねています。

株主は100%がAPAMAN株式会社のため、完全な子会社という存在です。事業内容としては、プロパティ・マネジメント事業で、オーナーの不動産を運用するために、専門的な知識を身に付けたスタッフが対応しているとのことです。

<オーナーの賃貸経営をサポート>

Apaman Property株式会社では、主にオーナーに対して賃貸経営をサポートしているようです。物件を所持しているオーナーも、一から人を募集したり、家賃の管理や入居者の対応をしたりするのは大変でしょう。同社が募集業務から退去の手続きまで、全て代行することによって、より円滑に賃貸経営をすることが可能になっているようです。

特に重要なのが、募集といわれています。魅力的な物件を持っていても、それを広くアピールしなければ入居者は現れないでしょう。インターネットや雑誌などの媒体を使って募集をし、入居者を選定することが重要だそうです。安定した家賃収入を得るためにも、ノウハウがある企業が募集を代理で行うことはとても大切なことだといえるでしょう。

<社宅の斡旋も行う>

会社にとって、社宅を用意することは大変です。転勤の多い会社では、従業員が住居を見つけるのが大変なので、社宅を完備しているところもありますが、自社で管理するのではなく専門業者に委託することも珍しくありません。

Apaman Property株式会社では、社宅の斡旋事業も行っていて、さまざまな企業のサポートをしているようです。アパマンは代表の大村浩次が全国にFC展開したことにより、幅広いネットワークをもっています。そのネットワークを使い、社宅規定に適合した満足度の高い物件を紹介することができるそうです。そして、賃貸斡旋事業で培われたノウハウを元に、契約の手続きや家賃の管理、入居者の対応などを行っているようです。

一般的な賃貸斡旋事業ではなく、オーナーに向けた賃貸経営サポートに特化したのが、Apaman Property株式会社です。安定的なキャッシュフローを確保するために、プロパティ・マネジメント業務を推進しているとのことです。

シェアサイクルは新しいエコ

近年、至る所で見るようになったのがシェアサイクルです。ステーションにたくさんの自転車が停めてあり、誰でも自由に借りられるサービスです。このシェアサイクルは、新しい形のエコとも言われています。どんな魅力があるのか紹介していきたいと思います。

<とにかく手軽>

最も魅力的な所が、とにかく手軽であることでしょう。まずスマホで事前に会員登録しておきます。入力するのは、名前、メールアドレス、電話番号、そして任意のパスワードです。本登録時には、決済方法を選択します。クレジットカードでもよいですし、yahooウォレットなども利用できます。

会員登録が済んだら、近くのステーションを探し予約をします。あとはステーションに行き、予約した自転車の番号を探し、暗証番号を入力すれば利用することができます。そして返却時も、近くのステーションに行き、返却ボタンを押せばそれで完了です。無人なのでいちいち借りる時に手続きをしなくてもよく、営業時間もありません。いつでもどこでも借りることができるという手軽さと便利さが魅力でしょう。

<シェアリングエコノミー>

シェアサイクルは、シェアリングエコノミーの一つです。APAMAN株式会社代表の大村浩次も、その重要性について語っているようです。今はスマートフォンが普及したことにより、いつでもどこでもインターネットが使えます。

これまで難しかった資産の共有がより簡潔になり、利便性も高くなりました。大村浩次氏も、今後はシェアバイクやシェアパークなど、スマホを使ったシェアビジネスを推進していくと話していたようです。

<今後も広がり続ける業界>

シェアサイクルは、日本だけではなく海外でも大きな広がりを見せているようです。中国では、Mobikeやofoといったサービスにより、1千万台以上の自転車が配置されています。パリやロンドン、ニューヨークでも同様に広がりを見せています。環境改善、住宅緩和といった環境への配慮もあり、世界的にエコな自転車が見直しされているようです。

ekobike株式会社は、2018年3月から事業を開始しました。代表は奥野里美で、他に取締役や監査役がいますが、大村浩次は入っていないとのことです。10の自治体と提携し、37都市でサービスを展開しています。シェアサイクルは、環境改善、そして放置自転車の減少やコミュニティの活性化など、社会貢献にも役立っているようです。

近年の、地球温暖化や排気ガスの問題など、世界的にエコへの取り組みが課題となっています。シェアサイクルは、利用者にとって利便性が高いだけではなく、環境へ配慮した新しいエコの形です。これからもさらに広がりを見せることでしょう。

APAMANでんきとは?

APAMAN株式会社では、賃貸斡旋事業など不動産関連の事業をメインに取り扱っています。他にもグループ会社では、幅広い業務が行われています。最近では電気事業へも進出しているようです。それがApaman Energy株式会社です。そしてAPAMANでんきとは一体どんなサービスなのでしょうか。

<電気の自由化に合わせて始まった電気小売業>

日本国内では、かつて地域ごとに決められた電気会社としか契約することができませんでした。しかし法改正により、2016年4月から、現在の電気会社だけではなく、新たに参入する電気会社から電気の契約をすることができるようになりました。

そこに目を付けたのが、APAMAN株式会社代表の大村浩次です。株式会社アパマンショップホールディングスは電気事業への参入することを決定し、2017年11月より、子会社としてAPAMAN Energy株式会社を設立しました。そして、「APAMANでんき」という商品名で、低圧電力提供サービスを開始したとのことです。

<アパマングループの管理物件向け>

アパマンは、会社の設立以降、店舗数が増えているようで、今では1,000以上の店舗数があるそうです。大村浩次は、FC加盟店を増やすことで、賃貸斡旋事業で大きな成果をあげたようです。そして現在、アパマングループでは、7万以上の物件を管理しています。

APAMANでんきは、アパマングループの管理物件への電力供給からスタートし、徐々に家庭向けへのサービスを展開していきました。グループ管理物件に入居している人、そしてFC加盟店経由で入居した人は、リーズナブルな料金で電気供給を受けることができるようです。家賃と一緒に引き落としすることができるので、管理もしやすく、賃貸と電力の契約を一つにまとめるようなイメージで、入居者にも提案しやすい商品とのことです。こういった取り組み方にも大村浩次の考え方が現れているのではないでしょうか。

<管理物件なら5%安い>

APAMANでんきの特徴は、アパマングループが管理している物件であれば最大で5%安くなるという点でしょう。今まで電気代は決められた会社として契約できなかったため、料金の比較などはできませんでした。しかし、電気会社の自由化によって、このようなサービスも利用することができるようになりました。APAMANグループの管理物件、あるいはアパマンショップで契約した賃貸物件にお住まいの方には、お薦めできるサービスといえます。

APAMANグループでは、豊富な物件契約料を生かし、電気自由化による新たなサービスも展開するようになりました。自社の強みを最大限に使い、また新たなビジネスを生み出す姿勢は、今後どのようなサービスを展開させていくのか期待されているようです。

wepark株式会社はどんな会社?

空いている土地を有効活用することも、エコ活動の一つでしょう。大村浩次が代表のAPAMAN株式会社も、シェアビジネスやコワーキングなど、持っている資産を有効活用しようというビジネスを進めているようで、社会へ貢献しているようです。グループ会社の一つである、wepark株式会社もその一つです。どんな事業内容なのでしょうか。

<土地を有効活用するお手伝い>

外を出歩いてみると、空き地を目にすることも珍しくないと思います。都心の東京ですら、ちらほら空いている土地があり、何となくもったいないと感じることもあるでしょう。国有地である可能性はありますが、中には土地所有者がいるものの、ただ所有しているだけの状態であることもあります。せっかくの土地なのですから、何かに有効活用し、オーナー、そして誰かに役立つ使い方をした方が良いのではないでしょうか。

wepark株式会社では、空いている土地を所有しているオーナーに対して、駐車場の提案をしているようです。街中ではとにかく駐車場が足りず、違法駐車なども目にします。違法駐車が広がると、事故につながったり、歩行者にも迷惑ではないでしょうか。パーキング開発は、オーナーと利用者に対してwin-winの提案で、何より社会貢献につながります。代表の大村浩次も、事業を通じての社会貢献の大切さを常に考えているようです。土地を有効活用することで、さまざまな問題解決へとつながるのではないでしょうか。

<駐車場を検索>

戸建てや駐車場付きの物件であれば困りませんが、駐車場がない賃貸物件も数多く存在します。そんな人たちが困るのが、月極駐車場を探すことではないでしょうか。wepark株式会社では、サイト上で月極駐車場を探すことが可能なようです。エリアごとに検索できて、屋内、ハイルーフといった条件を付けての検索も可能だそうです。さきほど、空き地を駐車場にする事業を紹介しましたが、さらにそれを利用者に展開し、駐車場を使ってもらうためのシステムも作っているようです。オーナーにとっても、月極駐車場の契約をしてくれる人がいるのは、とても安心できることではないでしょうか。

<アパマングループの強みを生かす>

アパマングループでは、賃貸斡旋契約だけではなく、こうした空き地の利用やインターネットを通じた利用者と資産をつなげるシステムを次々と開発しているようです。代表の大村浩次は、自社のシステム開発と不動産事業をつなげ、また新たなビジネスを展開していくことを大切にしているようです。wepark株式会社はその象徴とも言えるかもしれません。

wepark株式会社は、空き地を有効活用して駐車場にし、オーナーと利用者、そして社会に貢献しています。駐車場を増やすことは、オーナーは安定した収益を得ることができ、利用者は駐車する場所に困らず、そして違法駐車がなくなり、社会への貢献にもつながるのではないでしょうか。